現代社会ではお金を工面する方法がたくさんあることがワナ

お金に困った時に金策の方法としてどのようなことを思いつくだろうか?所有しているものを売却してお金を作ったり、定期預金や保険を切り崩すなど、自分の資産を処分することによってお金を工面することは可能だ。

しかし、それでもどうにもならない場合や資産を処分したくない場合には人の力を借りることもある。

その方法のひとつが借金だ。実は現代社会においては、昔に比べて借金が非常に簡単だ。

通常借金をする場合にはいわゆる借金のカタである担保が必要であるし、もしも返せなくなった場合に代わりに補償してくれる保証人も必要だ。

しかし、最近では無担保無保証人での借り入れが盛んとなっており、個人が気軽に借金しているのである。

一方で、気軽に借金をできるという状況が借金苦に陥る人を増やしているともいえる。借金自体が悪いわけではないが、その付き合い方は上手にしなければならない。

かつては身内や友人から借りるしかなかった

かつての借金といえば、その手段は限られていたようだ。

もちろん時代ごとにさまざまな貸主がいたのであるが、厳しい取り立てに対するリスクを考えると、万人が気軽に借金をする方法として適切には捉えにくい方法が多かったようだ。

どうしてもお金に困って今でいうところの闇金のような貸し手から借り入れを行っていた人もいたようだが、それは最悪の手段であって、通常は身内や友人を頼ることとなる。

しかし、金の切れ目が縁の切れ目というように、大切な身内や友人から借金をしてしまうと、それがきっかけで絶縁状態となることも珍しくなかったようだ。

それが今では周りの人に引け目を感じずに気軽に借金をできるように時代は変わっている。

消費者金融からすぐにキャッシングができる

闇金などの存在により、これまで借金にはドス黒いイメージが付きまとっていたが、今はクリーンなイメージを持っている人が増加している。

消費者金融がテレビコマーシャルで有名タレントを起用し、黒いイメージを刷新した成果といえるかも知れない。

消費者金融は無担保無保証人で個人向け融資を行っているため、きっちりと返済ができる人であれば、簡単にまとまったお金を工面することができる。

かつて借金に付きまとっていた厳しい取り立てや身内や友人との絶縁などを気にすることなく、スンナリと借入れが可能だ。

申込をすれば最短即日融資に応じてくれるキャッシングは、金策に困っている人の希望の光なのである。

消費者金融のカードローンはあまりにも手軽

消費者金融にはカードローンという便利な商品がある。

キャッシングはまとまったお金を借りて、まとめて返済するというイメージが強い商品だが、カードローンはローンカードを持っていれば、限度額の範囲で何度でも借入や返済を繰り返すことが可能だ。

今ではキャッシングとカードローンの明確な違いは薄くなっているが、どちらにしても、その手軽さは驚くほどである。

たとえばカードローンに申し込んで100万円の融資枠を与えられたとすると、完済したとしても解約しない限りは再び借り入れが可能だ。

完済後に金策が必要となった場合には、誰にも相談せずにすぐ借り入れができてしまうのである。

消費者金融の無人契約機のほか、振込や提携ATMの利用が可能であるため、いつでもどこでも借入ができてしまうのである。

銀行カードローンという新たな方法

消費者金融からの借入金利は高いというイメージがあるかもしれない。

消費者金融のカードローンの年利は3.0%から18%となっており、1%台を切ることもある住宅ローンなどと比べると圧倒的に高金利ではあるが、個人に対して信用だけで貸付をしていることを考えると、驚くほどの金利ではない。

貸金業法では最高金利が定められているため、利用者保護の範囲で金利設定がなされているのも安心できる。しかし、どうせならもっと低金利で借り入れをしたいというのが利用者の本音だろう。

そんな希望を叶えてくれるのが銀行のカードローンである。近頃は銀行が消費者金融と同様にカードローン商品を展開し、1%台から14%程度の金利での貸し付けを行っている。

消費者金融と同様の手軽さがある上、銀行のブランド力も手伝って、利用者は右肩上がりに増加している。

クレジットカードでもキャッシングができる

お金の借入は消費者金融や銀行からだけでなく、クレジットカードでも可能だ。

クレジットカードはショッピングやサービスをカード1枚で利用する便利なツールだが、実はキャッシング機能も備わっている。

あらかじめ定められたキャッシング枠があるため、その範囲であれば気軽にキャッシングを行うことも可能だ。

また、キャッシングを利用しなくても、商品やサービスの支払に利用したあと、分割払いやリボ払いをすることで、実質上の借金と同じ状況となっている。

クレジットカードは発行枚数が人口を超えているといわれており、1人が複数枚持っているほど普及しているが、それらにキャッシング機能が付いているということだけでも、借金の方法が身近にあるということがいえるだろう。

中小の消費者金融という手段もある

銀行カードローンや消費者金融カードローンで借り入れ審査に通らず、クレジットカードも持っていないという場合にも借金の手段はある。それは消費者金融の中小事業者だ。

通常、消費者金融を利用する場合には、銀行グループや一部上場をしている大手消費者金融が安心だと考えられている。

しかし、中小の消費者金融も優良業者は多く、大手の受け皿としての利用が多いのだ。

審査基準は大手よりも緩いため、その分金利は高いのであるが、お金に困った人の駆け込み寺的存在として頼りにされている業者も多い。

しかし、中小事業者は大手ほどサービスが整っていない上、お金に困っているとみなされやすいというデメリットもある。

個人の借入は信用が生命線であるため、最終手段に取っておいた方が良いだろう。

借りやすいと返しやすいは別物

このように、借金の方法にはさまざまな方法があり、いずれも手軽な借り入れを実現している。金策を打ちやすい時代といえる。

しかし、借りやすいからといって過剰な借り入れをしてしまうと自分の首をしめることになる。

返済できる分だけ借入を行うというのが借金地獄に陥らないための最低限のたしなみだ。借りやすいからといって返しやすいとはいえないのだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする