貸金業者からの借金が人生を良い方向に導くことがある?

お金に困って借金をしてしまうと、また新たな借金を引き寄せることがある。たとえば借金返済期日にお金がなければ、借金返済のために借金をすることになる。

そして、気が付けば多重債務に陥り、借金漬けの生活を送るということになるのだ。

そもそも借金には金利があるため、自分が借りた金額以上のお金を返さなくてはならない。お金がなくて借りているのに、余分にお金を返さなければならないのだから、貧困に苦しむ人はより貧困への道を辿りやすいというのも頷ける。

しかし、借金が必ずしも悪いというものではない。上手に借金と付き合うことができれば、人生の方向性をプラスに転じることも可能なのだ。負のスパイラルを正のスパイラルに転換する借金との付き合い方を考えてみよう。

貸金業者からの借金は悪という一般的なイメージ

借金を最も手軽にする方法は貸金業者からの借入である。

一般的に貸金業者から借り入れをすると厳しい取り立てが待っているというイメージがあるようだが、今の時代はハードボイルドな取り立ては一掃され、よりスマートでクリーンなイメージへと変貌を遂げている。

アコムやプロミス、モビットやアイフルなど、大手消費者金融からの借入は特に安全性が高く、借入と返済の利便性も良い。

そのため、かつて多くの人が持っていた貸金業者からの借入は悪だというイメージを持つ人は減っているようだ。借入が悪だというのは、一部の違法な闇金からの借入だけに限られているのである。

もちろん、貸金業者からの借入がクリーンなイメージとなっているからといって、無理な借り入れには気を付けなければならない。

最近は銀行が貸金業を行うほど実は身近になっている

消費者金融からの借入に対して悪いイメージが払拭されつつある中で、さらに借金のイメージをクリーンにしているのが銀行である。

消費者金融市場はこれまで消費者金融各社がその地位を席巻していたのであるば、最近は銀行が消費者金融市場に参入し、その存在感を示している。

銀行が発行するカードローンは消費者金融よりも低金利である上、銀行ブランドで借入が可能であるため、利用者の安心感は非常に高い。

しかし、結局のところ行っているサービスは消費者金融とほぼ同じである。

消費者金融の方が審査通過がしやすく、銀行の方が金利が低いというメリットとデメリットがあるため、利用者の選択肢が増えているという利便性もある。これらの事情により、借金がより身近なものとなっているのだ。

借金は信用情報に履歴が残る

借金が身近なものとなっているという事情がある中で、借金によって人生を悪い方向に進めてしまう人が多い反面、人生を良い方向に導く人もいる。

逆境をチャンスと捉えるプラス思考がどうのこうのというようなお話はここでは少し置いておいて、より具体的な事情をお話しよう。

借金を善循環に変えるためのカギは、信用情報である。

信用情報とは、信用情報機関に登録されている個人の金融取引の情報で、日本にはシー・アイ・シー、日本信用情報機構、全国銀行個人信用情報センターの3つがあり、それぞれクレジットカード会社や消費者金融、銀行が加盟している。

つまり、金融取引をした場合、その情報は金融業界に筒抜けといっても良い。遅延や滞納などのマイナスの行為をすると、マイナスの情報が掲載され、きっちりと返済していると、プラスの情報が掲載されるのである。

きっちりと返済をしていると信用力が上がる

借金をした履歴が信用情報に載ったからといって、実は借金自体が悪いことではない。むしろ、きっちりと返済しているかどうかがチェックされているのだ。

遅延や滞納をせずに借りた金額をしっかりと返していると、信用できる人だというふうに信用力が上がるのだ。

借金を一度もしたことがない場合には取引履歴がないために、どのような人か判断ができないが、借金を地道に返している人であれば、信用力があると判断されるため、借金をしたことがある人の方が信用力が高いのである。

ただ、返済中に新たな借り入れを望むことは難しい場合があるが、完済している場合には新たな借り入れが有利となる傾向がある。

場合によっては追加融資の案内が来ることも

同じ借金でも借金の内容によって、将来への投資となる場合がある。

たとえば日々の背活費のために借金をした人が、浪費による生活費の借入の場合と、事業が軌道に載るまでの生活費の捻出の場合とでは意味合いが異なってくる。

借金でその場をしのいだことによって、結果的に将来に投資し、大きな利益となることも珍しくはないのだ。

お金が行動を制限してしまうと、新たなチャンスを得ることができないが、そのチャンスは借金をきっかけに得ることも可能なのである。

しっかりと返済をしていると、貸主側から追加融資の案内を受けることがある。計画的に利用すれば、新たな融資が新たなチャンスを生む可能性は十分だ。

クレジットカードの場合も上級カードの案内がある

クレジットカードの場合にもカード会社から上級カードの案内が届くことがある。クレジットカードは1か月分の支払を後から決済するため、実質的には借金と同じ性質を持っている。

クレジットカードの利用が多ければ多いほど、借金も多いことと同じであるが、遅延や延滞がなく利用している場合には、カード会社との実績だとみなされるのだ

クレジットカードには年会費無料の一般のカード、シルバーカード、ゴールドカードとランクがあるが、その上にプラチナカード、ブラックカードというステータスカードが存在する。

プラチナカードとブラックカードは、カード会社からの招待制を取っているものが多く、そのためには多くの利用履歴が前提となる。ここでも、借金の利用により、ハイステータスを得ることができることが分かる。

借金をして人生を良い方向に導ける人の特徴

このように、借金とは必ずしも悪いものではない。借金をすることによって実績を積み、新たな借り入れ枠を確保したり、より上質なステータスへ自身を引き上げている人も多い。

その前提となるのは借金をするかどうかではなく、借金をきっちりと返しているかどうかだ。

借金をして人生を良い方向に導ける人の特徴は、まさにこのひと言に尽きる。そのためには計画性が重要となる。返済計画と借り入れ計画のバランスを考え、借金をしてその場をしのぐ先にある目的まで見据えている人が多いのだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする