信用情報をナメてはいけない!実はお金には通知簿がある

カードローンやキャッシングの申し込みを気軽にする人がいる。そういうと、「最近は消費者金融も銀行も気軽に申し込めるようにサービスを充実させているからだ」と思う人がいるかも知れないが、ここでいう気軽とは決してサービスの手軽さのことではない。安易と表現した方がいいかも知れない。

カードローンやキャッシングを気軽に申し込める時代背景により、本来なら審査で通りそうもない人や、別に借り入れをしなくても何とかなる筈の人、ただ単に一時の浪費感情で借り入れをしてしまう人など、文字通り安易な借入者が多いのだ。

しかし、これらはしかりと信用情報に書き込まれているので、安易な借り入れが後々の苦労を引き起こす可能性もある。この記事ではお金の通知簿ともいえる信用情報について紹介したい。

信用情報にはどのようなことが掲載されているのか

信用情報とは、カードローンやキャッシング、クレジットカードの取引を含め、個人の金融取引の詳細が記録されたものである。日本ではCIC(株式会社シーアイシー)・JICC(株式会社日本信用情報機構)・KSC(全日本銀行個人信用情報センター)の3つの信用情報機関があり、これらの機関に漏れなく取引情報が登録されているのだ。

信用情報に登録されている内容は、金融取引をした人の氏名や住所、生年月日に加え、勤務先や電話番号など、基礎的な個人情報が掲載されているほか、金融取引の申し込み情報、契約内容、借り入れや返済実績がつぶさに記録されている。

当然、返済遅延や滞納、債務整理などの金融事故の情報も書かれているため、金融事故を起こした業者以外の会社に申し込んだとしても、これらの情報は筒抜けなのだ。

申込んだだけでも信用情報に履歴が残る

信用情報は契約が成立した後の履歴が掲載されると思っている人がいるが、実はそうではない。申し込み情報もしっかりと記録されていることを押さえておく必要がある。

たとえば、消費者金融に比べて審査が厳しい銀行カードローンに申し込み、審査に落ちてしまった場合、次にどのような方法を考えるべきだろうか?ダメ元で他の銀行カードローンにチャレンジすべきか、それとも審査に通過しやすい消費者金融にチャレンジするべきか、どちらが良いだろうか?

詳しい状況にもよるのだが、一般的にこの場合は消費者金融に申し込んだ方が良い。もっといえば、審査に不安がある人の場合、最初から消費者金融に申し込むべきかも知れない。

複数社に申し込みをして、契約をできていない場合は、申し込みブラックとなるケースもある。複数社への申し込みにはねられていることは、金融業者が嫌がるポイントでもあるので、申込数は最小限にとどめる必要があるのだ。ちなみに、申し込み情報はどの機関も最長6か月間残っているため、新たな申し込みは6か月以上経ってからすべきである。

信用情報機関ごとの信用情報登録期間

もしも金融事故を起こしてしまった場合、その人にとって最も気になることは、どれくらいのあいだ信用情報に履歴が残るのかということではないだろうか?実はこれは信用情報機関ごとにその期間が異なるのだ。

ここでは、金融事故の中でも比較的重い債務整理の登録機関について、任意整理の場合、個人再生の場合、自己破産の場合のそれぞれの登録機関を紹介しよう。

任意整理の場合の登録期間

任意整理とは、債権者と交渉することによって借金の負担を軽減する方法だ。残額を軽減してもらったり、金利を下げてもらう交渉によって、残りの借金額や月々の返済金額を減らしてもらう方法をいう。

裁判所を通さずに、債権者と債務者の間で交渉をするため、弁護士や司法書士などの専門家に交渉をしてもらうことが慣例となっている。任意整理の場合に信用機関に掲載されている期間は、JICCが5年、CICは掲載なし、KSCは登録区分が存在しない。

ただし、KSCの登録区分の存在なしに関しては、銀行が任意整理の通知を受けたことにより、銀行カードローンの保証人的役割である保証会社から代位弁済を受けるとこがあるが、この場合は金融事故として5年間登録されることとなる。

個人再生の場合の登録期間

個人再生とは、住宅などの保有財産を処分することなく、大幅に借金のカットができる方法だ。裁判所を通して行う手続きで、借金の額を10分の1程度に縮小できる。

借金額5,000万円以下で、継続的かつ安定収入がある人であれば、行うことができ、残った借金だけを3年ほどかけて返して行く方法だ。この場合も弁護士や司法書士に依頼することとなり、煩雑な手続きを依頼者に代わってやってくれる。

個人再生をした場合の信用情報登録機関は、JICCが5年、CICは掲載なし、KSCは10年となっており、かなりの期間掲載されることとなる。

自己破産の場合の登録期間

自己破産とは、裁判所を通して、全ての借金を帳消しにしてもらう方法で、同じく弁護士や司法書士に相談すると手続きをしてくれる。借金が帳消しになる代わりに、持っている財産は全て処分しなければならず、債務整理の最終手段だ。

自己破産の場合の信用情報登録機関は、JICCが5年、CICは5年、KSCは10年となっており、任意整理や個人再生よりも登録機関が長い。自己破産することにならないように、カードローンやキャッシングは計画的に行うことが重要だ。

金融事故情報は各機関で共有される

日本の信用情報機関の3つを紹介しているが、もしもカードローンやキャッシングに申し込みをした場合、どの機関に履歴が残るのだろうか?実は、取引した金融業者が登録している信用情報機関に取引記録が残るのである。

ということは、たとえ金融事故を起こしたとしても、ほかの信用情報機関に登録している金融業者となら、融資が実現するのではないかと思っている人もいるようだ。

残念ながら、金融事故を起こした場合はどの信用情報機関に登録している金融業者とも取引は難しい。なぜなら、金融事故の情報は3つの団体が共有しているからだ。それほど事故情報は厳しく扱われているため、決して金融事故を起こさないように注意が必要だ。

自分の履歴は確認が可能

信用情報はお金の通知簿だ。一度くらいは自分の成績を見ておいた方が良いかも知れない。実は自分の信用情報は開示請求することによって閲覧が可能だ。500円から1,000円で閲覧できるので、興味のある人は見てみると良いだろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする