カードローンで多重債務に陥る人の典型的なパターン

お金に困った人が金策の手段として手軽に利用する方法がカードローンやキャッシングだ。

最近は消費者金融のみならず銀行が積極的に無担保融資を行っており、多重債務者増加に対する懸念の声が上がっている。

消費者金融は改正貸金業法による規制により、過剰な貸し付けができなくなったが、銀行は同法の適用範囲外であるため、自主規制に留まっている。

無担保無保証人の融資は金利が高く、銀行の貴重な収益源となっているため、自主規制がどこまで本気で行われるのかは甚だ疑問である。

しかし、そもそも多重債務に陥る人には典型的なパターンがあり、規制うんぬんの前に自己管理も大切だ。多重債務者がどのようなステップを踏んで借金苦に陥るのか、反面教師にしていただくために紹介したい。

安易なお金の使い方がエスカレート

多重債務者に共通する点といえば、お金の使い方が安易であるというところだ。俗にいう浪費家もそれに近いのだが、多重債務者と浪費家が必ずしもイコールではない。

というのも、多重債務者の要素を持ち合わせている人は、そのお金を使ったら生活費が厳しくなったり、資金がショートする可能性がある場合においても「何とかなるだろう」という安易な気持ちで出費をしてしまう傾向がある。

浪費家の場合も同様の人がいる場合もあるが、ゆとりのある範囲で浪費しているだけの人もおり、その場合は貯金はできなくとも借金リスクは少ないといえるだろう。

つまり、浪費家だから多重債務者になりやすいわけではなく、安易なお金の使い方が多重債務を招くのである。もっとも、安易なお金を使い方をする浪費家が最も始末が悪いのはいうまでもないだろう。

初めての利用は気軽な気持ちだった

多重債務者には例外なく初めての借入経験があるわけだが、最初は気軽な気持ちで借り入れしている人がほとんどだ。

消費者金融は初めての利用の場合には金利手数料が一定期間無料であり、初めての借入の敷居が低く設定されている。

そんな消費者金融よりも通常の金利が低いのが銀行カードローンであるため、敷居が低い初めての借入に輪をかけて、選択肢まで多く用意されていることになる。

安易なお金の使い方をする傾向にある人が、気軽に借り入れができる環境に気が付くと、借金というある種のボーダーラインを簡単に越えてしまう。

計画性のある人がやむを得ず借金をしたり、収入の見込みがある人が急場しのぎで借金をするのであれば安全に借りることはできるのだが、無計画な人が気安く借入れをしてしまうと、そこからは底なし沼の借金地獄が待ち受けていることになる。

借入によって一旦安心したのに残金が乏しい魔の手が迫る

借入をすると、今まで手元にお金がなくて困っていた人のところに、急にお金が入ってくることになる。

多くの人はこのお金を利用して、急場をしのぐことができるのだが、多重債務者の性格を持つ人が急にお金を手にすると、目的以外の所に使てしまうケースが多い。

カードローンは借りる時はまとまったお金を貸してくれるが、返済は最低返済額以上であれば少額でも良い。

そのため、手元にお金を確保しつつ、無理なく返済することができる便利な仕組みのはずだ。

ところが、無理なく返済ができるところが多重債務者の要素を持つ人の落とし穴となり、安易な出費を重ね、結局またお金に困るという状況を作ってしまう。

そこでまた金策のために思考を巡らし、新たな借り入れに結び付くのである。

再び金策に悩んで新たな借り入れ

借入をした人が金策に悩んだ場合には、何のためらいもなく新たな借り入れを申し込むケースが多い。初回の借入はいくら敷居が低いとはいえ、やはり心理的ハードルはあるはずだ。

しかし、一旦借り入れを経験してしまうと、2回目以降の借入時には心理的ハードルは下がっており、躊躇なく借り入れをしてしまう人が多いようだ。

もちろん他社借入があることにより、審査で落とされて目を覚ます人もいるのだが、安定収入がある人の場合は審査通過することも多い。

カードローンだけでなくクレジットカードのキャッシングやリボ払いなどと合わせて、無意識的に多重債務者となっているケースも多いため、お金に対するマインドの高さはとても重要なのである。

気が付けば多重債務者の仲間入り

このようにして気が付けば多重債務者の仲間入りを果たしていることになる。振り返ると、最初の借入段階ではまさか自分が多重債務に苦しむことになるとは想像すらしていないことが多い。

気軽に借り入れをしてその場をしのげば、あとは少しずつ返済をすれば良いと気楽に構えていた時のことは今や昔。

借入れと返済を繰り返しながら、また別な借り入れができるという具合に、同じ行動を繰り返しつつ借金総額が増え続けるのである。

自分は多重債務者とは無縁だと思っていた人でも、多重債務に陥ることが多く、そうなった状況下でも「まさか自分が多重債務者になるとは思わなかった」と考えている。

要するに、お金に対しての意識的かどうかが多重債務者とそうでない人の分岐点なのだ。

債務整理をするか返済するかの選択に迫られる

多重債務者になってしまった場合には、これまでどおりしっかりと借金を返して行くか債務整理をするかの選択に迫られることになる。

たとえ多重債務者であっても安定収入があって、借金返済の割合が低い場合には借金の返済を続けることも可能だが、多くの場合は返済がままならない状態に陥っている。

その結果、少額の場合には任意整理、数百万円の借入がある場合には個人再生、安定収入がない場合には自己破産を選ぶこととなる。

消費者金融や銀行カードローンの貸付残高と自己破産申請者の数は比例する傾向があり、つまるところ、ここで紹介したパターンを王道としている。

カードローンは無計画な人には向いていない

このように、カードローンやキャッシングによって多重債務に陥る人の特徴は、お金の使い方に計画性がないことが一番の要因となる。

浪費家だったとしても借金とならない範囲での浪費は問題とはならないが、浪費家ではなくても借金を繰り返すほどお金に対するマインドが低いと多重債務への王道パターンが待ち構えている。

カードローンやキャッシングは計画性のある人には便利だが、無計画な人が利用するとドツボにはまる可能性がある。借入前に自身の計画性を問う必要があるだろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする